円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅〖多思多感〗と〖多意多考〗⦆その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅〖多思多感〗と〖多意多考〗⦆その1

 

さて、前回に述べた〔①項;先天性型記憶能力〕につき、若い人に特有の現象であることは確かですから“若年性の〖多思・多感〗”と規定できましょう。

 

そして〔②項;後天性型記憶能力〕は、“年齢に無関連な〖多意・多考〗”とすれば対比が明確で分かり易く成りますね。

 

ここで述べる〔①項〕につき、自然界に眼を向ければ、よく理解できましょう。

 

例えば、〔鮭〕です。

 

川で生まれて以降は、ひたすら我が身の安全確保をのみ学ぶ旅をし、長じて故郷の地を目指すのは只、第二世代を得る為だけの事であり、事の済み次第は呆けて死にましょう。

 

従がって、死の直前まで受動性で自動的に〖多思・多感〗な生活の日々だった筈ですね。

 

〔セミ〕や〔トンボ〕等の昆虫も、その現象は顕著ですよ。

 

夏の盛りを過ぎれば、役目を終えた死の姿がソチコチで見かけるものですね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ