円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“先天性疾患”の存在理由 ⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“先天性疾患”の存在理由

 

前回の続きです。

 

先天性で不可抗力な病苦を患っておられる人々の存在(*)につき、この機会に確りと整理して置かなければ、後々申し訳なさからの悔恨が愚生自身の心に残りそうです。

 

  •  * 勿論これには長じて後に発する難病も含まれますし、更に敷衍して捉えてなら〔病弱〕という程度のものでも範疇に入りましょう、
  •    本人に責務は無いのですからね。

 

ですので、暫時のお耳汚しをお許し願っておきましょう。

 

さて、あの事件につき、一般的には人道上の問題と捉えておりましょう、施設に入っている障害者たちを“気の毒な人々”との感覚で認識していますからね。

 

ですが、実のところは“社会性を帯びた奥深い事柄”なのではないかと愚生は推察しております。

 

要するに“先天性疾患”とは、未熟ゆえに排出する人類社会の業苦を象徴的に現出させられた存在ではないかと想えてならないのですよ。

 

理由は次の三点、挙げられましょう。

 

  • ① 患者らの自己責任性は一切なし。

 

  •  ● つまり誰もが罹りうる、という事です。

 

  • ② 病苦からの解放策も皆無。

 

  •  ● 本人の努力が拒否されているようなものですね。

 

  • ③ それ等の罹患者数は社会全体の精神的進化度合に左右される。

 

  •  ● 国や地方集団の在り様が反映されている事の立証に成りましょう。

 

  •  ● その良い例として〔ハンセン病〕が挙げて置きます、これは予防薬など無いのに現在の先進国では殆ど発生しておりませんね。

 

以上と成りますが、これで観えてくるのが施設に収容される人々の峻別は神仏の采配しだいということです。

 

早い話、世の誰もが患者の一人として収容される側に成っていた可能性があるという事ですよ。

 

ですので、私たちの健常は、そんな方々の犠牲の上に得ているものなのだと言えるのではないでしょうか。罹患者の数量も神仏が定めているのですからね。

 

従って、あの方々は私たちの身替りと成って下さっているということですゆえ、敬虔な思いで接しなければならない有り難くも尊いお人たちではあるのでした。

 

文調を替えて繰り返しますね。

 

神仏は、個々人に於ける幸不幸を平等に扱って居られることは確かなのですよ。

 

然しながら、各地の社会や人類全体の“倫理的未熟・未発達”には極めて苛烈な仕置きを向けるのでした。

 

そうした怠惰を懲らしめる為に選び出す対象は無作為なのですよ、誰かれに頓着なく抽出するようなのですね。

 

罹患者集団に入れ込まれた本人たちには一切の自己責任がないことで、それが分かりましょう。

 

という事はつまり、私たちの誰もが犠牲者の範疇に入る可能性があったという事でした。

 

更に付け加えて置きたいものです。

 

神仏は、あの事件で命を奪われた人数分の罹患者をいずれ新たに補充しましょう。

 

しかもまた天なる方々は、前代未聞の愚行につき日本社会の劣化と見做して更なる患者数の増加を企図するのではないか、と愚生には危惧されて来るのでした。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ