円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅ いつしか“継続している”となる方法 ⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつしか“継続している”となる方法

 

昨日の続きです。

 

この方法でなら、というものを紹介しましょう(*)。

 

  •  * これにて、愚生自身が{いずれは「マスターズ・50km競歩」で上位入賞}が視野に入る迄に成っております。 2年4ヶ月前に始めた遠出・早歩きで、ですよ。

 

ポイントは“七分行”です、目一杯できる量の7割で止めてしまうのですね。

 

そうするとですよ、❝〇~〇❞が残るので次の日も進んで行いたくなりましょう。

 

 “息が上がって、意気は下がる”という風な〔ノルマ〕は設けず、常に腹八分目程度の実施量で止めて置くようにするという訳ですね。

 

さすれば、次の日には必ず❝○~〇感じ❞が有るので、その日も実行しましょう。しかも疲労感も快い程度で済んでいるから、それがまた意欲の高まりを生むという事なのでした。

 

そんな月日の結果として、何時しか一般的な思考レベルを凌駕する高みへと達していることに成るらしいのですよ。

 

つまり、ですね。

 

  • ● 世間では「楽しんでやれ」、「続くよう頑張れ」、「継続は力なり」と言い立てましょう。

 

  • ● ですが、そもそも苦しむ方法を選ぶから止めたくなり、従って当然に陳腐な精神論で励まさなければならなくなるのですよ。

 

○ それならば、最初から“頑張らずに楽しんでいれば自ずと継続力が生じる”といった風な進め方を採れば良い筈ではないでしょうか。

 

さて、結論です。

 

  • ☆ “【向上心】とは、文字通り上方に向かって進むこと”ですね。 ということはつまり、自ら坂道と向かい風を作り出す訳なのですから、それならば急坂と強風にはしない事が肝要なのでした。

 

では、質問です。

 

  •  ※ ❝〇~〇❞は何が入りましょうか、平仮名6文字ですよ。

 

次は、昨日の答えです。

 

  •  ※ ❝ノルマ❞でした。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ