円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

《 学者、学僧たちは知っていた ~ごく少数~ 》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《 学者、学僧たちは知っていた ~ごく少数~ 》

 

そう言えば、大学の先生たちが時折言っていたのを今シミジミと思い出しますね、「歳を取っても記憶能力は使い方次第だ」と。また「高齢者の方が経験を積んだ分、有利なはず」とも、ですね。(ですから、私が大層に言うほどの事でもなかったのでした)
これまでも観念的には理解していました。ですが今の私は、それに完全な賛意を表しますね。

 

道草をしながらも、とにかく極めて正しい道に辿り着いたのですから有難いことです。真理を掴み得たのです、以下の如くに。

 

“人間の頭脳は、生きている間、無限に使用できるようになっている”

 

なお、“仏教禅の教え”にこんなものがあります。
『随所に主たれ』(何処でもどんな状況でも積極的に関わりなさい、の意)
こういう姿勢で暮らしていれば人生を見事に全うできる、というのですよ。
まさしく、昔の仏教修行者たちは知っていたのですね。“脳活の方法”を、“脳死は存在しない”ことをも、ですよ。
ちなみに、私はこの言葉を座右の銘としております。

 

さて、思い至ったことにつき、このように書き綴っているうちに段々それが至極、当然な事のように思えてくるのでした。気づいてみれば当たり前のことなのですね。真理なんてものは皆そうなのでしょう。

 

なお、頭脳の定理(大仰ではありますが)を導きえた私が謝意を述べなければならないのは、目の見えない方々です。
あの方々の生活の仕方を思慮し考察し、その結果を我が身が抱えているかもしれない脳欠陥の発見方法案出へと結びつける過程で気付きえた真理でしたのですから、つくづく有難いことです。

 

今日は以上にて。

 

関連記事

アーカイブ