円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅ “真実は一つ”では、ないのです!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“真実は一つ”では、ないのです!⦆

 

世の中、考え方は人の数ほど有りましょう。

 

皆で同じものを見ていても、捉え方は人ソレゾレですからね。

 

この事につきクラス会でのよき話題でもありますね、「あの時、こうだった」、「いや違う、あーだった」と随分、記憶がズレ込んでいる場合も多いものです。

 

勿論、それが当然なのでした。 その場に居た人ごとに心象風景は異なっているのですからね、従って、抱いていた感想も違っているという事になりましょう。

 

さて、ここで大事な点に触れて置きたいものです。

 

世の人々の大方が、“真実は一つのみ”と決め込んでおりましょう、“真に正しいものは只一つ”という訳ですね。

 

でもですよ。

 

上記した事柄を吟味してみると“”事実は一つながら、真実は人の数ほどある“”と捉えた方が正鵠(せいこく)を得ているように思えては来ませんでしょうか。

 

社会を騒がせた事件についても、見方や感想は随分と多様ですね。そうして、皆が「自分の認識は正しいのだ。それのみが真実だ」と思い込んでいるのですよ(*)。

 

  • * ”“理想が掲げられている筈””の〔憲法〕でさえも随分と多様に捉えられておりましょう。これにつき、❝文言はコレコレと記載されているのは事実だが、内容の解釈(つまり、真実)は人ソレゾレ❞である事の良い例という訳でした。誰しもの“ソレゾレ”が正しい認識としている故の行為であり、行動となるのですからね。

 

さて、議論の対象が目視できる物だった場合は〔上、下、表、裏、横、斜め〕の、どこから見ているかで見解が違っただけなので話し合えば直ぐにも合意が得られましょう。

 

ですが、思想や情感が入り込む事柄であった場合は、たちまち喧々囂々(けんけんごうごう)侃々諤々(かんかんがくがく)と成ってしまうことにつき、これにて合点がいくのではないでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ