円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

《 脳欠陥の発見法 ~HS編~ 》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 ポジティブ頭脳でヒラメキきらめきイキイキ講座 』
       
《 脳欠陥の発見法 ~HS編~ 》

 

三つ目は、本格派ですよ。
前回の“SM編”を更に上回るハイレベルなものとなりますから、いわば上級版ですね。

 

なお、提案しているものは全て私一人で考案したものばかりですが、しかし自ら実践し効果を享受し得たものを提供しておりますゆえ、衷心よりお奨めしていることにつきご理解願っておきますね。
初耳物が続くので、皆さんがいささか食傷気味に戸惑われているのではないかとご推察しますので。

 

さて、皆さん、【ホームセンター】の存在は有難いですよ。
ここには【事務用品】を、そこらは【DIY用品】が、向こうの別館には【農作業用品】も、等々とですね。それは多種多様な品々のオンパレードなのでした。

 

物品の数々を展示している【百科事典】ならぬ“物科事典”ですからね、まるで“頭脳活性度の検定場”という感がいたしますので“脳欠陥の検出”にはお誂え向きの場所なのですよ。ぜひ行ってみてくださいな。

 

さて、その並べられている品々について頭の中にノートを作成し、丁寧に次のようなことを行いましょう、これまでにはないほど大量の記憶能力を改めて再確認するのですよ。

 

〇{名称、使い方、仕組み等}を確認し記入しながら、それ等の一つひとつに
 違和感や異邦人感がないかどうかをチェックする。

 

〇その記録につき、時を経た一年後や数年後も同じような思い出しができる
 かどうかを試してみる。

 

その他の事柄は“SM編”の場合とほぼ同じではあります。
ですが、対象となるものが全て硬派な物品ですので、情緒性が排除されるという点ではSMの比ではありませんのです。
ですから、”家庭(その範疇の物もありますが)という情感が伴う食料品が対象の“SM編”なんぞを遥かにしのぐ、純粋な知識のみが吟味されることとなりましょう。

 

従って、それだけに大きな効果も期待できることになりますね。

 

この上、なお厳密に調べたいお人は次回をお待ち願います。“自分で出来る脳ドック”の利用法をご提案いたしますゆえ。

 

関連記事

アーカイブ