円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅〖幽膜〗は“アンテナ”も!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅〖幽膜〗は“アンテナ”も!⦆

 

世の中には、いわゆる〔第六感〕とされる事柄が、随分とポピュラーに現れておりましょう。

 

例えば、愚生が若かりし頃に凝っていた〔麻雀〕では、シバシバ他の人の“自模(つも)り牌、待ち牌”が閃いたものでした。

 

また、坊主の伯父は幾度となく「たった今、ドコソコのダレソレが亡くなった」と家人に告げていたそうです。

 

更には、〔合気道〕の達人が試合相手の仕掛ける技を直前に察知できる事はよく知られた現象です。

 

さて、このような〔閃き〕が生じる際には、〔天頂〕が微かに白光することに愚生は気づいております。

 

一瞬ですが“頭のてっぺん”が白く光るのでした、何かが頭脳に入っていく記しでしょう。

 

という事は、ある種の情報が飛び込んで来るというという意味に成りませんか。

 

同様な事は〔空耳〕でも言えましょう。

 

実はですね。

 

これ等にも〖幽膜〗が関連しているのではないか、と愚生は推察しております。

 

その一部がアンテナの役目を担っているのだろう、と考えられるのでした。

 

つまりはですね。

 

〔電波〕と類似な役目をするモノがある筈なのでした、例えば““霊波または幽波””とでも名付けられるモノがあるという訳です。

 

尚、“霊波の…”という名の宗教団体が存在するので、その呼称は控えたいゆえ、愚生は取り敢えず“幽波”と仮称しております。

 

この件についても、いずれは言及する事に成りますでしょうゆえ、是非ご期待下さいね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ