円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“幽膜”の深い配慮!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“幽膜”の深い配慮!⦆

 

尚、特筆して置きます。

 

前回に“生体は動くことが前提”と述べましたね。

 

身体の都合上で歩き回れない方々には、脳細胞さえ活発に稼働していれば内臓器官に支障を来たさないよう出来ているようです。

 

この事につき、精神疾患に罹っている人々の例でも分かりましょう、彼らは運動しなくても他の病には成り難いものです。

 

 余談ですが、上記の現象にも〖幽膜〗の関与を窺い知れますよ。

 

天与の我が身を真摯(しんし)に生かそうとする人物には、神仏の代理である〖幽膜〗も力を貸すという訳ですよ。 “心神を病む”という事は正しく“生きたい”との思いが強いゆえの症状であるのは確かなのですからね。

 

要するに、天なる方々は“我が生命に関し、真摯な姿勢か怠惰であるか”で峻別するという訳ですね。

 

精進する人は補佐し助力するが、惰性勝ちの生活を送る者等は傍観するのみ、という事です。

 

尚、以下をも追記して置きましょう。

 

“頭脳が衰えた”との症状を呈した人物だとしても、その方の〖幽膜〗に劣化は有りませんのです。

 

衰えるのは“製造、再生機構としての脳細胞”だけであって、神仏の代理である〖幽膜〗は何処までも健在なのですよ。

 

従って、機械としての細胞たちの出来具合を云々(つまり、我が身の使用に真剣)すれば新たなる活性がもたらされる様に出来ているのでした。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ