円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅〔白隠禅師〕の“軟蘇の法”につき!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅〔白隠禅師〕の“軟蘇の法”につき!⦆

 

応用例の二つ目を提示する前に、チョッと立ち止まりましょう。

 

〔白隠禅師〕が会得した〔軟蘇の法〕につき、それから汲み得る教訓を紐解いてみたいものです。

 

この話は、要約すると以下の如くになりましょう。

 

「白隠禅師が20才代後期に重篤な労咳(今の肺結核)に罹って余命いくばくもないと診られた身を絶望し山野を彷徨っていた時、仙人のような老人に出会い“軟蘇の法”を伝授されたので、これを一途に実行したところ見事に快癒した」

 

この中から愚生の眼が察知できる事柄は当然に一般的なモノと異なっており、以下に列挙して置きましょう、「そんな観方もあったのか」と想って頂けると有難い故にです。

 

  • ① “仙人との出会い”は〖幽膜〗が演出した必然。

 

  • ② 〖幽膜〗には、本来あるべき“何ら不都合のない全き身体像”が設定されている。

 

  • ③ 本人の〔意念〕次第で、〔②項〕の実現が図られるようになっている。

 

上記にて〖幽膜〗というものが、真摯で純粋に我が身を活かそうとする本人を援護しようとする姿勢が見えてまいりますね。

 

さて、ここに於いて〔意念〕が備えている威力につき顕著に表出されておりますが、一般的に皆さんが〔意念〕なるモノを用いられる事は殆どありませんでしょう、馴染みが薄いですからね。

 

ですが、その仲間である〔意志〕に力がある事は誰しもが分かっている筈ですし、そんな〔意志〕の強弱で目的実現の度合いが違って来ることもよく承知して居られましょう。

 

ならば、〔意念〕にも高い能力が潜在している事は、直ぐにも理解して頂けるのではないでしょうか。

 

そんな〔意念〕の純正度合いで威力が高低する事情にも合点がいく筈ですね。

 

かくして、愚生が〖純粋意念〗を推奨するという訳なのでした。

 

これにより、提供する“〔軟蘇の法〕の応用例”が生きてまいりましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ