円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅〔軟蘇の法〕の応用例・その3⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅〔軟蘇の法〕の応用例・その3⦆

 

今回は、いよいよ“白隠禅師が体得した〔軟蘇の法〕に学ぶ”、その奥義ですよ。

 

  • ※ 身の内なる“精なるモノ”を大事にする。

 

抽象的に過ぎる提言に想われましょうね。

 

ですが、今の時点に於いては、このような表現以外に適切な言葉が見当たらないので、ご寛容下さるよう願って置きますね。この後、順々に開設してまいりますゆえ。

 

さて、これまでに提示した愚生の応用例は“白隠禅師の〔軟蘇の法〕”と少々イメージが違った風に想われた方も多いのではないでしょうか。

 

実は、一般的な解釈と愚生のそれには明確なズレがあるのです。

 

皆さんは“病気の治癒の方法”と捉えておられましょう、つまり〖快癒の術〗ということですね。

 

勿論、それで不都合はないのですよ。

 

ですが、愚生は、“その奥を見つめたいもの”との発想で紐解いております。

 

“治癒する”だけではなく“病とは無縁の身体”に成る方法を探りたいのでした。

 

〔白隠禅師〕は相当な高僧ですからね、〔軟蘇の法〕で治癒しただけでは止まらずに「病とは何か、何故に人は病むのか」との模索もした筈だろうと、愚生は推定しているのでした。

 

その結果、83歳という長寿を保ちえたのだろう、と認識しております。

 

これ以降の論述は長いので次回へと続けましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ