円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅〔胃〕の「“超”活性化法」ここに在り!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅〔胃〕の「“超”活性化法」ここに在り!⦆

 

硬い話が続きました。

 

ここらで、愉快な話を一つ提供しましょう。

 

と、軽めに話し出しましたが、内容の高質につき先ず申して置きます。

 

さて、一般的に老人は“食が進まない状態”に成り切っているのではないでしょうか。

 

それならば、と〖体の老衰、必然ならず〗を食事で実証するには如何したら良いものか、考えてみました。

 

然しながら、生憎と愚生の〔胃〕は活発です。

 

そんな元気の素は“競歩の真似”を日頃の習慣にしている事からきているのは間違いありません。

 

ですが、愚生同様に「運動して下さい」と言ったのでは、身も蓋もありませんでしょう。

 

それで想い出したのが“インドの行者の胃回転”でした。(*)

 

彼等は、かなりな速さで“胃をグルングルンと回転させる”事が出来るのですよ。

 

それを譬えて言うなら“鉄棒の大回転を遥かに凌ぐ”と想われるほどの凄さなのでした。

 

何しろ、行者が修業に励む意図は“健全な身心の創り出し”に有るのですからね、それならば彼等が会得した“胃袋グルングルン”にも健康保持の確かな要素が含まれている事は間違いないのですね。

 

つまり早い話が、そんな〔胃〕なら極めて丈夫でしょうからね、胃炎は勿論のこと、胃潰瘍、胃ガンなんぞという“おぞましい病魔ども”などが近寄ってくる事は殆どないでしょう。

 

で、それを期待し試してみたのですよ、その“胃袋グルングルン”の真似事を。

 

さー、それで皆さんに問い掛けます。

 

“僅かながらも回転した胃袋”の状況につき、皆さんは如何様に想像されましょうか。

 

 

  • * 昭和40年前後頃の〔世界ドクメンタリー映画〕で紹介されていたものです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ