円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“記憶の可否で苦労する理由”はコレにある!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“記憶の可否で苦労する理由”はコレにある!⦆

 

掲題につき、この際ですからお子さんお孫さんの為にもお読み下さるよう願って記します。

 

さて、学問での記憶は“理解が出来るか否か”で当然に大差がついてまいりましょう。

 

また、暗記の場合は“語呂合わせや関連付けの工夫をする・しない”で大きく違って来るのではありませんか。

 

つまり、いずれも先ずは“思考が加味されるか否か”ですし、次には、その思考の質の良否に関わってくるという訳でした。

 

要するに“記憶の良し悪しは思考の仕方次第”という事なのですよ。

 

それなのに学校や一般社会では〔記憶〕と〔思考〕を別物とし、しかも“憶えることが先ず優先される”といった状況に成っているようです。

 

その為に、例えば「これは〇〇だ」と紋切り型で伝えようとするから憶え難くなってしまうのだろうと愚生には想えてなりません。

 

ですが、「これは、コレコレこういった理由(つまり思考)で〇〇と成る」という風に思考回路を刺激する捉え方にすれば、よく記憶できる事につき直ぐにも理解して頂けましょう。

 

それでも「アレ、何だったかな?」と成ったなら、チョッと違った角度からの思考を加味して置けば“記憶の強度が増す”はずなのですよ。

 

早い話が、“認識すれば記憶する”のであり、“認識度合いが増すほど記憶の強度も増す”という訳でした。

 

以上の事につき“”暗証番号やパスワードの憶えこみ“”で、よく理解できましょう。

 

自分で作った短い数字や言葉でさえ憶えていられない方が随分と多いという現象は”社会全体で効率よい思考力の使い方を無視している明確な証拠”に成るのではありませんでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ