円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅ 惰性的な生活者の“頭脳の中”⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

惰性的な生活者の“頭脳の中”⦆

 

先日、とある山里の史跡を訪ねました。

 

古墳を利用した鎌倉期の城なので、風情が期待できたのです。

 

然しながら随分と荒れていたのですよ、管理の手が長年も入っていない様なのでした。

 

湿った杉の朽ち葉が積り倒れた木竹も多いので極めて歩きにくく、ツイ躓いて愚生自身も倒れてしまった程です。

 

当然に人が踏みしめた形跡はなく、代わりにイノシシの足跡が散見しておりました。

 

さー、それで想ったのです。

 

「長年も不活性な頭脳とは、このような状態なのではないだろうか」

 

との感慨が深かったのでした。

 

茂っている植物は少なく、精気など殆ど感じられない空間だったという事です。

 

当然、往時は文化文明の集積場所として活気があったのは確かでありましょう、何しろ名を〔富貴楽(ふきら)城〕という程なのですからね。

 

という事は、ですよ。

 

まるで、多感な時代の面影が完全に消え失せた後も“思考・興趣・想像”なんぞ全くせず、ひたすら惰性的で漫然とした生活に陥った中高年者頭脳の行きつく先を暗示しているよう、という訳でした。

 

その究極が認知症患者のソレだと捉えたなら合点がまいりましょう、心象風景の荒廃こそが病の元凶なのですからね。

 

それならば、です。

 

「人間も“脳機能の手入れ・整備を行う”という考えが有って然るべきだろう」

 

と、そんな風にも想いつつ彼の地を後にしたのでした。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ