円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“脳科学界でも分かってきた”のです ⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“脳科学界でも分かってきた”のです

 

でもですね、漸くですが学者たちも気づき掛けてはいるのですよ。

 

最近、米国のある研究機関で次のように発表した事をNHKで報じておりましたね。

 

“”死んだ時に残っている未成熟な記憶細胞の量は年齢に無関係だった“”

 

死亡直後の人々の海馬を調べたところ、““使われずに残っていた記憶細胞の量””が若年層と高齢者とで有意差は全くない、という事が判明した、との内容でした。

 

  •  ※ 上記の件、この場でも取り上げたので覚えて下さって居られる方も多いでしょうね。

 

さて、これを踏まえると、ある極めて重大な事柄が俄かに急浮上してくるのでした。

 

““記憶する力量に老・若の違いはない””と言ったレベルでは止まらない、ある驚くべき事実が明白に成ってまいりましょう。

 

この事が頭脳に閃いた際の愚生の“したり顔”をご想像願いたいものですよ。

 

そんなようなものを明日、提示します。

 

しかし、それにつけても“”気づき、閃き、思いつき“”とは何とも嬉しいものですね、頭脳が活き活きしている明確な証拠なのですから有り難くもあるのでした。

 

蛇足ながら、上記につき読者からコメントが寄せられていたので、この際お伝えして置きましょう。

 

“”楽しい気づき・閃き・想いつき“”が生じた時は神仏から花束を授けられたようなものなのではないでしょうか。

 

何故なら、その瞬間きっと幸せな気分に包まれる筈ですからね、幸福感は神仏から贈られる芳香剤であること間違いないゆえにです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ