円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“先祖の有り難さ”は学力・人生力にも!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“先祖の有り難さ”は学力・人生力にも!⦆

 

一昨日の二つ目は、“”先祖累代の記憶であり“”とも述べてありましたね。

 

先祖が学び経験した記憶は子孫である私たちの〔たましい〕にも〖継伝子〗を介して伝わっているらしいのですよ。

 

これにつき、分かりやすい解説となるコトワザが有りましょう。

 

【蛙の子は蛙】

 

え? 「それは、親子の事だ。 所詮、子は親程度の能力しか持ち得ないという意味だろうよ」と反論なさりましょうか。

 

ですが、それをプラス思考に捉えられもしませんか。

 

もしも親が人生を真摯に捉えて精進を怠らないような人物であったならば、子もまた、そういった日々を求める性分を持つように成るとも言える事は確かでしょう。

 

現実に、そんな親子は世の中に五万といる筈ですね。

 

さて、それならば更に付け加えたい事柄が見えても来るのでした。

 

“”蛙の子孫も蛙“”なのでもありましょうよ。

 

つまり、ですね。

 

自分が努力した経験は〖継伝子〗を介して隔世遺伝もされるという事にもなりましょう。

 

従って、もしも自己研鑽の労苦が人生上に果実をもたらさなくても、時代を経た後に子孫の身の上で活かされる事が大いに有りうるという意味合いにも捉えられるのではないでしょうか。

 

要するにですね。

 

自分の努力や勤勉が順調に進むよう感じることが有ったなら、それはご先祖の思いがもたらす賜物である可能性が高い、という事ですよ。

 

従って同様に、吾が身の精進が子孫の“”向上欲の動力“”に成っている場合も、これまた随分とあるという話でした。

 

これは嬉しくも有り難い仕組みではないでしょうか。

 

吾が身の前向きな生き方が、先祖と子孫で共有・共用し合っているという事ですね。

 

そんな現象を示す例が、結構あるものですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ