円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

《 まだら認知症発見法 ~HCぶらつき~ 》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 ポジティブ頭脳でヒラメキきらめきイキイキ講座 』
         〜脳はあなたの司令塔です〜

 

《 まだら認知症発見法 ~HCぶらつき~ 》

 

二つ目です、これは安直ですよ。
時折、ホームセンター(HC)に行ったなら店内を隈なくうろついて、
《 商品のアレコレにつき、その使用方法をチョッと思い浮べてみる 》
というようなことを試みます。

 

ホームセンターの商品は、それこそ生活上に密着した品物ばかりですね。
従って、「アレ~、この品物は何だっけ、どう使うのだったかな?」等と、その使用方法に関する知識、認識に異常な感じ(異邦人になったような)がするか、しないかで判断がつきます。
* これと前回の分と合わせれば脳細胞の様子がほぼ洩れなくチェックできるだろうと推定しております。

 

ここで、また打ち明け話を付け加えておきましょう。
実は私、10年ほど前にテレビ局の手配によるMRI測定で脳細胞の破壊を示す0,5cmぐらいの白点が見つかっておりました(長い間の深酒の所為だろうと推定。逆に“この程度で済んでいるのか”とタカをくくりました)。
で、これが大きくなって災いを起こす程になっているかどうかのチェックを、前週と今回の方法で行っているということですね。

 

もし、異常があったとしても私は慌てません、不安も恐れもありませんのです。記憶が無くなっているなら既存の知識を糧にして改めて覚え込めばすむこと、と考えておりますゆえ。

 

ですので、そのために今の時点で大事なことは、
《 既存の知覚を、より強いものにしておけばよい 》
と捉えている次第です、認識力を高めておくということですね。

 

あ、そうだ思い出しました。
MRI画像を解説した際、医師が次のように言ったのです。
「海馬の太さは並み以下で、しかも年相応に縮でいる頭脳だ」
* その時の私の感想:元々人一倍小さな頭部なのに更に矮小化したとは、アハハ。どうやら僕は“山椒は小粒でも…”と思って良いのかな、エヘへ!

 

あれから一昔。でも、現在の方がはるかに活性的な頭脳になっていることは明らかなのですよ~、皆さん。

 

関連記事

アーカイブ