円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“偏見の発生メカニズム”が分る ⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“偏見の発生メカニズム”が分る

 

昨日の答えにつき、愚生の場合は““正誤いずれか””でしたが、もちろん“白黒”や“正否”、“可否”、“善悪”もピッタンコですね。

 

さて、以上のような二者択一、一刀両断、だけの捉えがちに成っていると、当然の如く類似する“主流・非主流”、“多数・少数”にも同様の価値判断が用いられるように成りましょう。

 

そうして、その流れで“馴染めるか、そうでないか”に“好きだ・嫌いだ”との好悪の物差しが持ち込まれるのではないでしょうか。

 

かくして人々は“”○○という心の道具“”を有するように成るのでした。

 

この“道具”が厄介なのですよ。

 

好悪の中間がないからですね、それを使いだすと必ず“問答無用”とばかりに固定観念化してまいりましょう。

 

話し合いや討論がすこぶる苦手なのでした。

 

それはそうです、「何故、そう決めつけるか」と問う人に「コレコレで、ナニナニだから、ソレとなる」と説き明かす論を全く持ち合わせないのですからね。

 

従って頑なに拒み、殻を更に固めて抜け出てこなくならざるを得ないのですよ。

 

さー、ではどうするか。

 

この続きは明日にて。

 

“”○○という心の道具“”に何を入れましょうか、愚生の案は漢字二文字です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ