円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“人は何故、生きるのか”の答え!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“人は何故、生きるのか”の答え!⦆

 

昨日の答えは“”血液“”でした。

 

さて、〖常在禅那〗を心掛けていると、何時でも何処でも想いつきが生じます。

 

人類の永遠の課題である次のような事にも、愚生なりの答えが出ておりますよ。

 

❝人は何故、生きるのか❞

 

これにつき、愚生の得たものは明解です。

 

❝生きるのではなく、生きるようにさせられている❞

 

単に、神仏によって生き切るように仕組まれているだけに過ぎないのでした。

 

つまり、そこに自分の意志が入っていない事は明白なのですよ。

 

その証拠に“”死への強い恐怖“”を挙げて置きましょう、これは天与の情感であること疑いありませんね。

 

要するに、自分の意志から生気が現出しているのではないという事です、間違いなく。

 

それが高齢になるほど薄れてくるのは死への準備であるという訳でした。 そうして、これにもまた私たちの意志が入っていないのは明らかなのですよ。

 

従って、正確に表現するなら、以下のような“”絶対的な命題“”なのだと愚生は認識しておりますよ。

 

〖自分で生きているのではなく、神仏の企図にて生きるように仕向けられている〗

 

  •  ※ 俗に言うところの“生かして貰っている事に感謝しょう”との捉え方とは似て非なる事にご留意願います。

 

この事、突然に生じる〔初恋〕と同じです。自分で恋をしたつもりでも、その実は“”神仏によって既に仕組まれていた事柄“”だという訳ですね。

 

さー、かくして人々は明日からも生きていく事になるのでした。

 

ですが、「それでは詰まらなさ過ぎるだろうよ」と興ざめして居られましょうか。

 

ハイ、ですから、“”☆☆“”という名の彩りが有るのですよ。

 

さー、ここに皆さんなら何を入れますか、愚生の案は二字熟語です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ