円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“ノーベル賞”に想う!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“ノーベル賞”に想う!⦆

 

昨日の答えは“”自己の発現“”でした。

 

さて、また今年もノーベル賞の日本人受賞者が出ましたね、24人目だそうで喜ばしい事です(その自己発現を追求しえた典型が受賞者だという事です)。

 

これまでの受賞者が世界中でどれ程の人数になるかは知りませんが、その全ての人々に共通する事柄は次のようになりましょう。

 

  • 事物・現象を丁寧に見つめる。

 

  • すると何らかの不合理が見つかる。

 

  • それの解決策は必ずあると信じている(つまり【希望】)。

 

  • 根気よく積み上げ、または探り続ける。

 

以上、これ等の4項目が螺旋状に繰り返されてドンドンと積み重ね、または掘り下がった結果としての受賞なのは間違いありませんね。

 

で、このように書き綴ってみれば、誰にでも容易・安直にできるよう思われる筈なのではないでしょうか。

 

ならば、そんな人物が何ゆえに随分と希少な存在になってしまうのでしょう。

 

愚生が想いますに〔1,3項目〕の有無次第なのだろうと推定しておりますよ、他の2項目は自ずとそれに付いてきますからね。

 

しかしながら一般的には、“”その属性につき、アレコレ吟味してみる“”との着想を持ちませんし、また“”矛盾があれば、その解決方法は必ずあるもの“”との感覚も持っていないのではありませんか。

 

ということは、逆にその〔1,3項目〕を心掛ければ、誰もがノーベル賞の対象者レベルに成りうる筈ですからね、となれば“”人生 ☆☆もの“”ではありましょう。

 

さー、以上にて見極めが出来たのではないでしょうか。

 

この世に於ける身の振り方につき、これを基底に定めていれば人生の彩りは必ず豊かになること間違いなしという訳でした。

 

例によって“”☆☆“”に、皆さんはどんな言葉を入れますか、愚生の案は二字熟語です。尚、今回の問題は各々の感性で楽しめましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ