円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“体の構え”という考え方!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“体の構え”という考え方!⦆

 

昨日の答えは【足半(あしなか)】でした、踵の部分がない物ですね。邪魔だったから省いたに相違ないでしょう。

 

さて、日々生活するに於いて心神面での〔気構え〕というものが大事となってまいりましょう、対処する物事に心の準備をして置くと進行がスムーズに行きやすく成るからですね。

 

その典型がモットーというものであり、座右の銘という訳でした。

 

同様にして、体を動かす場合についても〖☆構え〗なるものを設定していると、存外に敏捷な動きができるものですよ、ケガもし難くなりましょう。

 

「はて、“”☆の構え“”とは面妖な」と誰もが怪訝に思われましょうか。

 

ですが、人体関節の最重要部は腰である事につき皆さん異論はありませんね、それが体幹の大元ですゆえ。

 

従って、“”腰をどう使うかが動作の基本“”だと愚生は認識しているのでした。

 

例えば、テニスのサーブであり、或いはゴルフのスイングでもあり、はたまた弓道での姿勢でもあるという訳ですよ、それ等の全てに於いて腰が定まっていないと話に成りませんでしょう。

 

つまり、どんなスポーツであっても覚えるに当たって、先ずは腰を意識することが大事だという事になるのでした。

 

となれば、逆に“”腰の動きが悪くなると体の変調が起きやすくなる“”とも言えるのではありませんか。 使わない自転車はサビますし、そのサビが他の機能へも影響をもたらす筈なのですね。

 

ですから、愚生は常日頃から腰の捻りを意識しておりますよ、散歩前の準備運動もツイストです。

 

もっとも、運動というよりも〔ヨガ〕に近いものなのでした、静かにユックリと行っております。

 

要するに、腰部の大切さを丁寧に想い噛み締めるという事です、それを以って〖☆構え〗と呼称している訳なのでした。

 

尚、敢えて申して置きましょう。

 

身体的不都合により腰部が動かない人々が居られますが、この方々に上記の件は当て嵌まりませんよ。

 

何故なら、運動機構としての回路は遮断されているのでサビが生じないように成っている筈なのでした。

 

早い話、がですよ。

 

使えるのに使わない怠慢にはお仕置きがあり、使いたいのに使えない状況なら罰則が免除されているという訳ですよ、神仏の計らいで。

 

さー、例によって〖☆構え〗には何が入りましょうか、漢字一文字ですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ