円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“炭とダイヤモンド”の存在とは!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“炭とダイヤモンド”の存在とは!⦆

 

かつてシミジミ思っていた事。

 

素材は全く同じなのに、姿かたちが丸で違う炭とダイヤモンドの存在です。

 

〔元素〕の結びつき方で、こうも出来具合が乖離するという現象につき、人生・人体の在りように擬(なぞら)えてみると興味深い事が見えて来るように想えてならないのですよ。

 

つまりは、人品の在りように置き換えられるという事になってまいりましょう。

 

昔日の愚生は次のように捉えておりました。

 

「真っ黒い炭が自分なら、さしずめ燦然と輝くダイヤは“”☆~☆“”だな」

 

「だがそれならば、現状は炭並みの者であっても汚濁のないダイヤに成るべく、頭脳の改良を図れる可能性があることに成ってくる筈だね、素材は同じなのだから」

 

「しかも、死ぬまで健康に過ごした人々も随分と居られるだろう事、容易に想定できるしね」

 

つまり、人間の頭脳と体質につき、完全に澄明なモノに成りうる可能性が確実にある事を示唆していると愚生は認識しているのでした。

 

しかも、一瞬にして切り替わる魔法のような方策も理屈としては有りうるという訳ですよ。

 

これは捨て置けませんでしょう、生きている以上は何時であっても追求していたい事柄ではあるのですね。

 

さて、皆さんなら“”☆~☆“”に誰を入れましょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ