円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“雑駁な認識”の典型例!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“雑駁な認識”の典型例!⦆

 

昨日の愚生案は〔淡白、微弱、稀薄〕でした。

 

で、ここにて、またまた〔微細〕の絡みで馴染みの例を持ち出すことにしましょう。

 

〇 【あ】が【め】と【の】を含んでいるのを、また【train】に【art】や【ni】が入っている事を気づいた際に、愚生は愕然としたものです。

 

知識の基本中の基本である【あ】に他の語が隠れている事を認識できたのは、なんと還暦を過ぎてからの事なのでした。

 

いいえ、遅いことを嘆いたのでは決してないのですよ、むしろ吾が頭脳の柔軟性を認識し、更なる成長の可能性を確認できたという訳です。

 

〇 【☆☆がましい】という言葉一家に【いし】、【しま】、【ガマ】、【まし】など幾人もの子供が住んでいると知ってみれば、探求し発見する物々事々が随分と身近に且つ幾らでもあると喜んだものでした。

 

つまり、刀の研ぎ師や料理人たちの“”微細へのこだわり“”につき、一般人の吾々にも対象となるものが其処彼処(そこかしこ)に在るとなれば、これは愉快でありましょう。

 

そう言えば“”趣味とは凝る事である“”なのですからね。

 

要するに、世の中のあらゆるものの微細な部分に懸想し拘り続けるならば、それにこそ世のもの全てが趣味の対象になるのではありませんか。

 

しかもですよ。

 

と言いかけたところにて長くなるので、この後は明日にします。

 

さー、【☆☆がましい】には、どんな言葉が入ると思われますか、ひらがな二字ですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ