円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“細胞群の増加”を図ろう!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“細胞群の増加”を図ろう!⦆

 

“”頭脳の細胞群も濃密化しだす“”でした。

 

はい、そうなのですよ。

 

事象・事物に接して“”凝り・拘り・目配り・気配り・慮(おもんばか)りの懸想をキメ細かく行う“”ようになれば、ですね。

 

それがそのまま脳内に繊細でしかも濃密な細胞群(ニューロン)を量産することに成るのは間違いないのですよ。

 

この事、次のような話で直ぐにも理解して頂けましょう。

 

円周率(π)の〔3,14…〕につき、記憶の数を一個つぎ足せば、それに対応するする“”細胞群が一個ほど増える“”ことは確かな事実ですね。

 

つまり、たとえ一桁の数字一個であったとても、それに関する知識が次の如く動員される事に想いが至れば決して侮れなくなってまいりましょう。

 

“”① 0~9との繋がり、② 桁の概念、③ 電話番号など他の数字群との繋がり、④ πが付く他の数学方式との繋がり、⑤ 記憶できたとの情感、⑥ 想い起す度の想起力への貢献“”など等。

 

そうなってみれば、同様に物事・事象の把握を微細にして行くほど濃密な細胞群が増加していく事実につき容易に理解できるのでは有りませんか。

 

これにつき、愚生は次のように捉えております。

 

〖一☆、一群を為す〗

 

一つの〔☆〕を起こしたなら、それに基づく一つの新たな細胞群が頭脳内で作製されることに成るという意味ですね。

 

さー、この現象につき、極めて重大な示唆が私たちに与えられているのを皆さんお気づきでしょうか。

 

“”〔☆〕が秘匿する大いなる力“”をです。

 

例によって〔☆〕には何が入りましょうか、愚生が一つ覚えのように持ち出す漢字一字ですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ