円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅【蛙の子は蛙】の深読み!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅【蛙の子は蛙】の深読み!⦆

 

昨日の答えは〖幽膜〗でした。

 

話が〖幽膜〗に及んだところで、チョッと愉快な話をお伝えしましょう。

 

さて、皆さんは【蛙の子は蛙】という諺が、{所詮は子が親のレベルを越えるものではない}との“負の意味合い”であること、ご承知ですよね。

 

ですが、それなら親が精進すれば子もそのレベルに到達しうる、とも捉えられるのではありませんか。

 

ハイ、裏を返せば勿論そう成るのが必然なのでした。

 

となると、ですよ。

 

〖蛙の“子孫”も蛙〗である事にも成っては来ませんでしょうか。

 

つまり、自分が何事かに精進するような人物と成ったなら、その子孫も同じレベルの能力を持ちうる筈だという訳ですよ。時代を異にするのですからジャンルは大きく違ってくるでしょうけれどね。

 

で、その伝える役目を担うのが〖幽膜〗なのだろうと愚生は想定しているのでした。

 

要するに、身体的遺伝は〔DNA〕が扱い、精神世界の能力は〖幽膜〗が司るという事ですよ。

 

早い話、“”自己の創造力は子や孫たちにも〔☆☆〕する“”という嬉しい話ではありましょう。

 

以上、例によって〔☆☆〕の二字熟語に皆さんは、どんな言葉を入れますか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ