円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅〔視覚機能〕の仕組みとは?⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅〔視覚機能〕の仕組みとは?⦆

 

昨日の答えは【space】でした。

 

さて、〔視覚能力〕につき、暫くぶりに確認させて頂きましょう。

 

〔視覚〕の第一義は“”防衛機能である“”という事ですね、身の安全確保・保衛のための仕組みなのでした。

 

その象徴が“”視野が☆☆☆度以上ある“”というものでしょう、それ程あっても動く物を素早くキャッチするため以外には何の役にも立たないのではありませんか。

 

つまり、目を開けている時には先ず以って危険予知・回避に注意が向けられるという事になりましょう。

 

次には、日々目にする物事・事象に関する事です。

 

既存の知識に照らし合わせて、それへの対処行動を如何様にしたら良いかにつき無意識に判断するようにも成っておりますね。

 

これは、社会生活上に於ける身の保全のためである事も間違いありませんね、隣人の顔を覚えているのも、その機能ゆえの事ですよ。

 

そうして、その他については二の次三の次という埒外に置かれるという仕組みに成っているのだろうと愚生は推定しているのでした。

 

世に【視れども見えず;注視したとて見えぬ】との諺があるのは、この辺に理由が求められるという訳ですね。

 

更に言うなら、ですよ。

 

第二義としての視力は、“”シッカリとした目的“”を持って注視しないと見えてこないし、判別もできないという仕組みになっているという事です。

 

早い話、〔視覚能力〕は動物的本能に直結しているものであり、それを知的方面に利用するために〔意〕という取次機関が存在しているのは確かなのですよ、絶対に。

 

さて、“”視野が☆☆☆度以上ある“”にはどんな数字が入りましょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ