円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

《 心機一転、認識力の開発・養成・促進を! 》“その2”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『休日ごとの常識外な頭脳活性化講座』
~誰もが死ぬまで明敏な頭脳で暮らせますことを信じて~

 

《 心機一転、認識力の開発・養成・促進を! 》“その2”

 

皆さん、お早うございます。
前回は【視認力】の強化策についてでしたね。

 

で、結論を急ぎましょう。
先ずもって、“【数字】というものの有為性”には気づいていました。
【数値】は認識度が高くなるということに、ですね。【見詰める、見抜く、見定める、など等】の全てに当てはまり、
曖昧さが排除されるからだろうと推定しています。
以前にも述べましたが、昨夜の食事内容さえ思い出せないお人でも一週間前に計った体重なら覚えているものです。

 

これは余談です。
皆さん、数字というものは1,2,3、~、と唱えるだけで雑念が消えるとい
うことにお気づきでしょうか、読経と同じ効果があるということを。
“暗誦は座禅に近しい”のです、諳んじている間は雑念が去りますからね。
(私は仏教系の出自です。ですので、読経だ、座禅だ、雑念排除だよ、といった方面には目敏いのです)

 

おっと、脱線が長引きました、修正しましょう。
で、つまりは、その考察の過程での色々様々につき、気づき易かったという
ことですね。

 

そうして、それに伴い“私たちは我が身に内在する【能動的機能】を使わなさ
過ぎるのではないだろうか“という感慨が随分と深くなってきております。
しかも、その“【能動性】の認識機構”は無尽蔵にありそうなのですよ、開発
次第のようなのですね。
ですので、それを知らずに人生を終えるのは極めて勿体なさ過ぎましょう。
《 能動性機能は随分とパワフルのようなのです 》
よって、これ等につき知り得、気づき得た事を縷々開陳してまいる所存です。

 

というわけですからね、皆さん。
これを契機に新規の生活スタイルへと人生の転換を試みてみましょう。
趣き深い生活が展開し始めますことを請け合いますゆえ。で、先ずは、
《 始めの一歩は数字です 》

 

*当然それが【認知症】の予防になりますし回復策にもつながります。

 

次回から実技編、実践版へと進んでまいりますよ。

 

関連記事

アーカイブ