円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“天国の二面性”とは?⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“天国の二面性”とは?⦆

 

昨日の答えは、“”神学的には、空=虚“”と“”仏教的には、空=有“”でした。

 

さて、愚生が何ゆえに“”神・仏、併用論“”を持ち出したか、ですね。

 

西洋では、〔唯物史観〕で代表されるように“”兎角この世は〔☆☆〕によって成り立っている“”との視点が前提に成っておりましょう。

 

大宇宙という自然界の権化なら尚更に、“”〔☆☆性〕による運行以外はあり得ない“”のでした。

 

という事はつまり、〔唯心世界〕なども存在し得ない話にもなりかねないという訳ですね。

 

それは愚生が想定する❛天国❜にも然り、という事になりましょう。

 

“”実体のない精神だけの世界“”なんぞは想定しようもないのですよ、西洋的感性ではですね。

 

つまり、先ずは肉体あっての人間的アレコレだという訳です。

 

従って、当然に愚生の発想など始めから却下ありきで受け入れられませんでしょう。

 

“”身体があり頭脳があるゆえに思考が発生する“”のですからね、思考のみ有る話など天地がひっくり返ってもあり得ない話なのですよ。

 

要するに、〖幽膜(心神)〗だけが集う場所なんぞは着想すべくもないのですね。

 

それでは愚生の論が成り立たないので“”神・仏、併用論“”を提示しているという次第なのでした。

 

まー、砕けた早い話が“”何事も両面あり“”で、❛天国❜も雌雄、陰陽、卵子・精子のような二面性で構成されていると捉えて頂ければ良いでしょう。

 

これを踏まえて置くと“”ブラックホールと非(または反)ブラックホール“”が見えてまいります。

 

さー、“”この世は〔☆☆〕によって成り立っている“”の二字熟語には何が入りましょうか、中学で習う物理化学

用語ですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ