円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“〔精進〕の持つ深い意味”について!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“〔精進〕の持つ深い意味”について!⦆

 

前回の答えは“”今生での〔精進〕が極めて意味深いもの“”でした。

 

いい機会なので、この場で【精】という言葉が持つ深淵さを論じて置きましょう。

 

これは、もちろん“”精製した白米“”として実生活上に根差したものなのではあります。

 

がしかし本来的、根元的には“”【精】=こころ、たましい、もののけ“”との奥深い精神性を包み込んでいるものなのですよ。

 

従って、単に力を注ぎ込む〔努力〕とは大きな違いを〔精進〕は含有しているという訳でした。

 

それゆえ、愚生は“”精進は好むが努力は排除する“”といった風な姿勢で物事に対処しております。

 

この事、大切なので別な使い分けも提示して置きましょう。

 

〔精進〕して身に付けた〖能動力〗は〔たましい〕の在り様へ直截的に寄与する、という事ですよ。

 

その証拠に〔精進〕しているとソコハカトナイ喜悦が随伴するものですね、〔たましい〕に直結している故に、です。

 

一方の〔努力〕には苦痛がしつこく追いかけて来るのではありませんか。

 

つまりは、“”〔精進〕は〔たましい〕を〔☆☆〕させる“”という訳です、神仏が喜ぶのですよ。

 

さて、上記の二字熟語に妥当な言葉をお考え下さいな。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ