円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“〔魂・魄〕の区別”を実感!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“〔魂・魄〕の区別”を実感!⦆

 

昨日の答えは、“”〔幽体離脱〕なる現象“”でした。

 

そうなのですよ、“”離脱した幽体とは〔魂(この場は先ず平がな表記にして置きます)〕そのもの“”であること間違いありませんね。

 

さて、そんな体験をした後の愚生の思考は“”人体の本質・根源“”の探求へと向かい出したこと当然の帰結ではありましょう、〔気功〕の先を模索し始めたのでした。

 

  • 純粋な思考・考察というものは必ず深い方向への道筋が生じるものなのだろうと、愚生は推定しております。

 

さー、それでですね。

 

〔たましい〕が離脱したというのに身体は息づいたままなのですよ、間違いありません。

 

という事はつまり、“”身体を受け持つ〔たましい〕が別個に存在しなければならない“”はずだという事になりましょう。

 

要するに、この体験により“”〔たましい〕は二つある“”という確かな事実を感得できたのでした。

 

それ故にまた、〔たましい〕を表す漢字が二種ある理由も明瞭に認識できたという訳ですね。

 

つまり、人体は次の二系統に分かれるという事です。

 

◎、“”〔☆☆〕の在りようを司る〔たましい〕=〔魂(云の方)〕“”

 

◎、“”〔〇〇〕の運行を管掌する〔たましい〕=〔魄(白の方)〕“”

 

以上にて、雑駁ではありますが、〔たましい〕を〔魂〕と〔魄〕とに分離して把握する愚生案付き、皆さんが納得して下さるのではないでしょうか。

 

例によって〔☆☆〕と〔〇〇〕の各二字熟語には何が入りましょうか、今回も確認する為の出題ですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ