円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『近況報告・南京にて』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『近況報告・南京にて』

 

 この2月4日~8日の間、中国・南京市にある「衛星テレビ局・江蘇衛視」という所がお招きくださり、そこの番組制作に参加してまいりました。日中それぞれから3種類・3組の達人が選ばれて、その技を競い合うという内容のものです。番組名は【最強大脳 Super Brain】といい、3月中に放映されるようです。

 

 さて、ここで力を込めてご報告したいのはその歓待ぶりです。

 

 番組スタッフ全員で(多分、百人以上は居られたようです)、それは手厚く遇してくださるのでした。例えば、我々日本チームの3組全部に一人ひとりの通訳(細やかなお心の女子学生さんたち)を付き添わさせてくださったり、或いはまた作業終了後の慰安にとビール瓶をケース毎(しかも、複数回)振る舞っり、と大変に行き届いたオモテナシを頂戴したのでした。その上さらに、ゲームでさえも遠来の客を失望させまいとの応援尽くしですから結果は(おっと、未だ秘密にしておかねばなりませんでした)。
帰る日には早朝にも関わらずに何人ものお人たちが見送りにお出で下さったので、それにもまた勿論のこと大感激だったのです。で、ツイ有難さのあまり皆さんにハグを求めては顰蹙を買ってしまったという恥ずかしいオマケつきもあって…(皆、若い女性ばっかりだったのですよ)。

 

 しかもね、読者の皆さん、「中国の娘よ」「日本の父よ」と呼び合う仲になったお嬢さんも出来たのでした、嬉しいことに。

 

 そんなわけで、つまり私は「南京メロメロ」になって帰って来た次第というわけです。

 

南京の方々の人情の濃さにほだされて、すっかり“南京びいき”になってしまったということです。

 

 更に、強調しますね。女性は美人揃い、可愛いタイプ揃いでしたし、男性は気配り心配りのクールでスマート型ばっかりなのでした。

 

 え~、そうです、もう南京の人々最高!

 

関連記事

アーカイブ