円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その4⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“本物語が誕生した理由”の再確認・その4⦆

 

昨日の答えは“”〔守護霊〕の存在“”でした。

 

〔夢〕に関して、もう一つ奇妙ながらも大変に興味深い話をして置きましょう。

 

さて、幼児たちが怖い夢を見てシバシバ〔☆☆き〕する事につき、よく知られた事実ですね。

 

この“”☆☆き現象“”、考えてみれば随分と不思議な成り立ち方なのでは有りませんでしょうか。

 

先ず以ってですよ。

 

年端もいかぬ彼等ですからね、実生活の経験や知識が極めて乏しいゆえ“”〔悪夢〕の材料となるものは殆ど持ち合わせていない“”筈なのですよ、絶対に。

 

ですので、ここにも“”他所からの介在“”が認定されるという訳ですね。

 

つまりそれは、“”防衛・保全力を養成させるため“”との理由で〖世話焼き〔魂〕〗が彼らの頭脳に忍び込んでくる仕組みなのだろう、と愚生は推定しているのでした。

 

もっとも〔睡眠〕というシステムは完全なる《神仏》の領域なのですからね、その中で“”観覧させられる大人の〔夢見〕“”だとて本人の頭脳力を超越するものばかりなのではありませんか。

 

愚生の例を挙げれば、森林の上を飛翔し時には地面の中に潜り込む映像がシバシバ有りましたが、そんなこと現実に想像するなんぞ全く考えられませんね。

 

さー、皆さん如何ですか。

 

やはり、これにても空間を飛んでくる〔霊魂〕の存在が確認できるのではないでしょうか。

 

なお、“”☆☆き現象“”は2漢字ですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ