円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“走馬灯の役割”・その3⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“走馬灯の役割”・その3⦆

 

昨日の答えは、“”心神性の〔質〕と〔量〕“”です。

 

はい、そうなのでした、〔走馬灯〕は心神性の傾向を如実に描写したドラマだったという事なのですよ。

 

人々が営々と積んできた“”心神性の質と量“”が、その中で明確に表出されているという意味付けになるのでした。

 

それにて判定されるのが、つまり❝あの世❞の行先なのですね、これは納得のシステムでありましょう。

 

ちなみに、先ごろ話した幼児の〖魂体〗ならば、その“”走馬灯現象“”がありませんからね、再度の地球人生活を送るよう定められたという訳なのでした。

 

要するに、それが彼の❛あの世❜だったという事になりましょう、彼の場合は何らの精進もなかったので改めて人体を授かったという事になるのですね。

 

尚、〔精進〕や〔能動力〕を積んだと言っても、それを極度の悪事に向けた〖魂体〗は明確に峻別されましょう。

 

そうして指定されるのが“”〔☆境〕の星送り“”です、後の仕置きは、その星の〔閻魔大王〕と《神仏》に委ねられる事になりますよ。

 

その地は生物の少ない砂漠のような殺風景な場ですからね、彩り殆どない環境に隔離されしまうのですね。

 

銀河の果てなる“”〔☆境〕の星送り“”でありますゆえ、〔遠島〕と言い換えた方が分かっり易いかも知れません。

 

さー、今日の“”〔☆境〕の星送り“”にはヒントが随分と有りましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ