円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“古代中国の神秘性”につき・その1⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“古代中国の神秘性”につき・その1⦆

 

昨日の答えは“”〔閻魔大王〕のグループ“”でした。

 

さて、これより古代中国の持つ神秘性につき幾つかの余談を提供して参りましょう。

 

世の中の誰もが見過ごしているようですが、しかしチョッと気づいてみれば彼の国には興味深い事柄が存外に多いものなのですよ。

 

なにせ歴史の古さは四大文明の中でも断トツですからね、その分ほど際立って不思議な事柄が幾つも有りましょう。

 

先ずは軽めに文字から取り上げてみますね。

 

前回に“【塊】という漢字には神秘なものが潜んでいる”と述べた事の関連から入ってみましょう。

 

その類似語に【魁(かい、さきがけ)】というものが有りますが、これは〔北斗七星〕の第一星や、その柄杓部分の4つの星を指し示しているそうです。

 

  • しかし、柄杓を意味する【斗】が使われるのは分かるとして、何ゆえ特定の星に人知を超えた事柄で用いる【鬼】が当てられているのか不思議に想えて参りましょう。

 

  • ※ どうやら、その辺に何か、何らか、何ものかが……した残滓の匂いをプンプンと感じて成りませんのです。

 

  • また、〔幽☆〕等で用いられる【☆(くろ)】という漢字は宇宙空間の底知れない黒を意味するものですからね、となれば“”【☆人】とは本来的に超人的な者を指す言葉“”だった筈なのですね。

 

  • ※ これにも可なり深遠なものが潜んでいる事につき、今後も何度か言及しますよ。

 

述べたい話は更に続きますので次回にしましょう。

 

今日の問題は、直ぐに察しがつきますね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ