円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“古代中国の神秘性”につき・その18⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“古代中国の神秘性”につき・その18⦆

 

昨日の答えは“”《神仏》と宇宙との絡み合い“”でした。

 

さて、ここ迄に論じてくると新たに次のような疑問が浮上して参りましょう。

 

“”何故に〔宇宙人〕は中国とインダス川付近にのみ知恵・知能を授けたのか“”

 

はい、他の二大文明の人々には伝わっていないのですからね、当然に不思議な感じが否めません。

 

これにつき、率直に結論づけて置きましょう。

 

古代の中国人は文明以上に“”心神的発達が為されていた“”からだろうと推察しております(この事、インド人にも言えましょう)。

 

さー、時代考察は可なり遡りますよ。

 

初の世襲王朝である〔夏〕以前に存在したとされる伝説の〔三皇五帝時代〕にはですよ、なんと既にして理想的な政治が為されていたものと観られておりましょう。

 

この辺につき、後々の創作だと見做す向きも有りましょうから、せめては神話時代とされる〔三皇〕を除いて〔五帝時代〕にチョッと想いを馳せてみますね。

 

わが日本を振り返ってみた場合、神武天皇以降の状況がどのように伝えられ語られておりましょうか、ハイ常に東征などの戦をしておりましょう。

 

それと比してみれば即座に分かっては参りませんか、その頃の彼の地を彷彿とさせるものが例の“”司馬遷が著した☆☆“”に於いて垣間見えるからなのですよ。

 

えー、多分は大げさに言うなら牧歌的で安穏な気風だったのではないでしょうか。

 

そんな所に精神性の大いなる可能性を見いだした〔宇宙人〕がチョッカイを出したのに相違ありませんよ、きっと。

 

今日の“”司馬遷が著した☆☆“”は、明確すぎましょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ