円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“古代中国の神秘性”につき・その19⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“古代中国の神秘性”につき・その19⦆

 

昨日の答えは“”司馬遷が著した史記“”でした。

 

さて、「それならば、なぜに宇宙人が人間界に接触できたのかい?」と問われましょう。

 

余りにも奇異な姿では忌避され、排除もされかねませんですからね。

 

それは、多分ですよ。

 

〔宇宙人〕そのものの姿ではなく“”地球人の身を借用“”していたという事もあり得ませんでしょうか。

 

何故なら、〔氣〕を自在に扱えたのですからね、それならば“成りすまし”なんぞという事もが容易だったのではありませんか。

 

さー、皆さん「そんなバカな」と想われましょうが、ここは一つ寛大なお心でお付き合い下さるよう願って話を進めさせて頂きます。

 

カギは【根なる気】にあるらしいのですよ。

 

一般に“〔根気〕をだす”なんぞと安易に使っていますが、〔宇宙人〕は“”【根気;生命体を実働させるもの】“”とした意味合いで使いこなせたのではないかと推察しています。

 

〔根気・生気〕などを正中線に並んでいる〖幽洞(チャクラ)〗に当てこんで行くなら、〔経絡〕はその派生物である事が分かり掛けては来ませんでしょうか。

 

突然ですが、そんな“成りすまし”の傍証として次の事を挙げて置きましょう、話の流れで何やら理屈が見えてくるからです。

 

つまりですね。

 

〔氣〕を思い通りに扱えるからこそ、かの余りにも有名な“”☆☆☆☆ の復活“”なる奇跡現象を創りだす事も容易だったのではありませんか。

 

以上、これを機に話は一転していきますよ。

 

今日の問題である“”☆☆☆☆ の復活“”を話題にした処で新な展開へと進んでまいります。なお、ヒントは世界一の有名人と言って置きましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ