円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“〔神〕の出現”につき・その9⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“〔神〕の出現”につき・その9⦆

 

昨日の答えは“”〔神〕=〔宇宙人〕“”でした。

 

さて、古代中国(インドも)と同じ頃の他文明では、一体どんな風だったか考えてみますね。

 

諸事情から推察しますに、戦に明け暮れ続けていたのではありませんか、多分ですが。

 

そのような地域では文明が発展しても文化は進まないのですよ、心神が疲弊していますからね当然です。

 

そんな紛争から逃げまどう生活を強いられていた人々には“”〔☆〕の概念を授けた“”のみで去って行ったのですね、〔宇宙人〕は。

 

ですが、勿論それだけであっても民衆にとっての有難さは計り知れないものでありましょう。

 

むしろ他の何物を与えられるよりも嬉しい事柄なのではありませんか、目の前の苦渋から解放される“”絶対的な希望“”を授かったのですからね。

 

従って、当然この上もない贈り物、賜物だった事は間違いありませんでしょう。

 

何やらかを感じられる自然界の精霊を畏れるより、“”人間たちの蛮行を圧倒する具体的な存在“”が提示されたなら、それこそ文字通り“そうそうは存在しない有り難きもの”なのではありませんでしょうか。

 

はい、宜しいですか、ここが大事なポイントですよ。

 

“人間たちの心神面を直接的に支えてくれる偉大さに加え、実際上も具体的に存在するもの”とする〔神〕の概念を得た〔モーゼ〕等の深い感銘が偲ばれて成りませんのです。

 

その気高い感慨がこそ弟子たちを介して民衆を導く動力とは成ったのであり、それ故にこそ後々の人々にも引き継がれいく結果を産みだしているとも推察されてくるのでした。

 

さー、“”〔☆〕の概念を授けた“”は安直でしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ