円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『日曜日ごとの記憶力向上講座』本日分・その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『日曜日ごとの記憶力向上講座』11/2のFB、UP分・その1

 

《認知症の親族が居られる方へ》

 

 チョッと、お調べ願いたいことがあります。

 

 その方の食事の際、咀嚼(そしゅく)の回数を確認して欲しいのです。

 

 先ずは、何も言わずに「何回ぐらい噛んでいるか」を計ってみてください、顔を見てい

 

ればわかりますので。そして次に、「噛む回数を数えながら食べる」ように要望します。

 

 この時、通常よりも明らかに咀嚼回数が多くなっていた場合には、回復への顕著な期待

 

が持てるだろうと私は捉えております。内在している生への意欲がまだまだ明確である証

 

拠になるはずだ、と考えられるからですね。その際もし、数え得る数字が少なかったなら

 

、「10までを○回」と提案してみましょう。

 

 なお、増えていなかったとしても何らかの方策は考えられますので、いずれはお伝えす

 

ることにしますね。

 

 ちなみに上記のこと、通常は必ず増えます。【数を計る】という【発意(能動性の発動

 

)】行動には丁寧さを加えようとする本能が無意識に働くからでしょうね。このこと大げ

 

さに言えば、自分の行為に【よりよく在ろう】とする向上欲が付随するからだろうと私は

 

推測しております。

 

 では、この件に関し皆さんの反応を得た後、新たな提案をさせて頂きます。

 

関連記事

アーカイブ