円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『記憶能力向上講座・改訂版』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『記憶能力向上講座・改訂版』

 

 ここにおける受動性、能動性がどちら側を指すかは、むろん読者の皆さんが明確に分かり

 

ますよね。

 

 では、ある範囲までそれぞれの特徴を分析しておきましょうね。ただし、我が身を以て実

 

践的に把握したものを基に考察した見解ですので、当然のこと脳生理学的な要素は加わって

 

おりません、これにつきご承知願っておきます。

 

 まずは、「受動性記憶能力」に関して、その特徴点をいくつか揚げてみます。

 

 ○個々人の存在を確立できるよう自己防衛機能から派生するもの

 

 ○それに伴って受動的な多感、多思が盛んに発生する

 

 ○幼児期から発達し確立期を迎える20歳頃には衰え始める

 

 ○未確立部分が残ると被害妄想感がしばしば生じやすくなる

 

 ○それが高じると心神が病む状況をもたらす

 

 など等、です。

 

関連記事

アーカイブ