円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『痴呆症改善講座』具体例⑦-B

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『痴呆症改善講座』具体例⑦-B

 

 つまり、途中での計算ミスが非常に多いのです。「100-3」は「残り=70,

 

40」を通るはずですし、「100-7」の方も「残り=65,30」という場合が

 

あるのですが、そうはなり難いのでした随分と。

 

 早い話が「難しい」のですね。従って、それだけ脳の活性化に大変効果があるとい

 

うことになりましょう。

 

 で、皆さんに勧めるようになったという訳ですよ。

 

 えー、もちろん間違っても構わないのですね、「実行すること、そのこと自体が良

 

い」のですから。

 

 * でも、人間というものは完璧を希求しますからね、ミスなく計算が出来るまで

 

   繰り返してしまうことになりがちなのですよ。そうして益々、結果大となるの

 

   でした。

 

 で、私もできるようにはなっております。復唱しつつユックリとやれば出来るよう

 

になったのでした。

 

 そうして、今日も元気なのでした私の頭脳が、ですね。

 

関連記事

アーカイブ