円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『痴呆症改善講座』具体例⑦-A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『痴呆症改善講座』具体例⑦-A

 

 心理学者たちの用いる頭脳の活性度を測る方法に「-3計算法(私の勝手な名づけで

 

す)」というものがあります。「100から順に3を引いていく」だけの単純な計算で

 

す。

 

 私も、10年ほど前にある大学でこれを試行している間の脳波を調べられたことがあ

 

りました。

 

 また、「100-7を順に…」もありますね。が、どちらも大して難しさはありませ

 

んから、直ぐに慣れてしまいます。

 

 ならば、この二つを交互に行うとどうなるか、との発想を得まして試してみたところ

 

、これが中々上手く行かないのですよ。

 

 「100-3,3…」は「残り=1」ですし、「100-7,7…」は「残り=2」

 

と「残り=4」(「100-3,3…」が終わるまでに2回ほどを繰り返さなければな

 

りませんからね)となるはずなのに、そういう結果が出にくいのです。

 

関連記事

アーカイブ