円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

さー、日曜日ごとの『記憶力向上』講座です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12/29FBアップ分

 

 さー、日曜日ごとの『記憶力向上』講座です。

 

 今回は、“頭中のカレンダー”の具体的な例を出して述べましょう。

 

 来年の1月14日に予定されている{FB常連の「長峰珠美さん」が催す《表参道ヴ

 

ィーナスランチ》に参加する}という設定にしてみますよ。

 

 さて、1月1日は水曜日でしたね。そして、その縦列には8日、15日、22日、

 

29日が並びました。ということはつまり、14日の《ヴィーナスランチ》が15日

 

の一日前であり「第3週目の火曜日」の行事ということになりますね。

 

 クリスマス・イヴの日に招待状を頂戴し、その際に覚えた要点をどのようにして頭

 

に入れたのか、を羅列していきましょう。

 

『開催地;東京都渋谷区神宮前1-8-10 ジアイスキューブス9F』

 

* 「1-8-10」はゴロ合わせで“岩戸”としました、神絡みですので。

 

* 「ジアイスキューブス」という建物の名前の意味が分かりません、ですが“慈愛

 

する四角箱”と募金箱のイメージにしたなら覚えられました。長峰さんが募金箱を胸

 

に掲げているイメージですよ。

 

*長峰さんの電話につき、「090―○○○○―△△△△」です。私の場合は独自の

 

語呂合わせ法で覚えられますが、ここは誰もが容易に覚えられる方法を提案してみま

 

すね。

 

 “090=黒色のスマフォ”と見立てておきます。ちなみに“070=赤”、“0

 

80=白”とのイメージです。

 

 ○○○○は富士山の高さという“身近な数字に似ている”として捉えられます。

 

 △△△△は特徴がないので、一寸いじくって「10000-△△△△=××××」

 

という極めて単純な数式を作ったところ、「××××」という並びの良い数字になり

 

ましたので、これが頼りになって覚え易くなりました。

 

 最後に、ナビを使わないでも道に迷わない方法をお教えしましょう。

 

 「行き」は駅前の交番で聞いた“道順を俯瞰図にしてまぶたの裏に描き入れる”の

 

です。そして、「帰り」は“曲がり角を曲がった後の風景を見ておく”ようにするの

 

ですよ。

 

 皆さん特に、帰り道での指針となるべき風景なんぞ気にすることなく目的地を目指

 

しますから、しばしば帰り道で迷うのですね。

 

 余談ながら、ここでの“帰り道の指針作り”のようなことが人生上、沢山あるもの

 

です。ですから、それを知っているのと知らないで生きる場合との差異は極めて大き

 

いものがありましょう。

 

 例えば、痴呆症や認知症に罹りやすいか、その逆で病魔が近寄りにくい生活か、と

 

捉えてみれば分かっていただけるのではないでしょうか。

 

 長くなってしまいました、これにて筆を置きます。

 

関連記事

アーカイブ