円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『老人の体力・脳力向上講座』⦅“エンゲ(嚥下)係数”という考え方!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『老人の体力・脳力向上講座』

 

⦅“エンゲ(嚥下)係数”という考え方!⦆

 

はい、噛む数が多く且つ嚥下数が少ないとなればですよ。

 

唾液の分泌が多くなり丸で“”唾液ジュース“”とは成ってまいりますから、小腸の仕事が随分と楽になるのでした。

 

そうなると今度は大腸が助かります、回腸から流れてくる物が軟らかいので排出までのコースが順調となるからです。

 

さて、これれから愉快な話になりますよ。

 

“嚥下回数の多寡が身体の健康維持に関わってくる”となってみれば、次のような相関関係を導き出せましょう。

 

〖“”咀嚼数:エンゲ(嚥下)数“”は健康に関する係数と捉えられる〗

 

はい、これにて〖エンゲ係数〗という言葉は定義できる事になりますね。

 

つまり、〖エンゲ係数〗が少なければ少ないほど健康度の豊かな身体に成るという訳ですし、その逆も然りです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ