円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『言語能力向上講座』その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ある中学校から「生徒の言語能力向上」というテーマで講演を依頼されたので、作

 

成したものをアップします。これは痴呆症対策にも敷衍できるものなので、いずれそ

 

の方面向けに構成してみる予定でおります。

 

ご協力をいただく先生方へ

 

『発 意 力 養 成 講 座』

 

円周率暗記世界記録録保持者 原口 證

 

Ⅰ、趣 旨

 

 生徒に「高い言語能力」を備えさせるには、日常的な頻度高い「意思」の発現を前

 

提にしたいものです。日々、それで得た「気付き、思い付き」を積極的に開示し同意

 

を得たい欲求が生じるからですね。よって、その基であり向学心にも直結する「発意

 

力」の養成を企図するものです。

 

Ⅱ、要 綱

 

1、5,6人の小グループに分けます。

 

2、《文調の例》に倣い、適宜に言葉を紡ぎ出させてエンドレスの文章を作らせます

 

 

3、会話風に綴らせれば、情感が先立つので意思が躍動し続けましょう。

 

4、展開を容易にさせるため、もちろん文体の言葉運びは全くの自由にさせます。

 

5、3回繰り返します(全て中断)。これにて、一人で行う場合の要領が掴めましょ

 

う。

 

6、1回ごと、グループ代表が学級担当教師に発表します。

 

7、教師が各グループで最も良い文を推薦し、校長が1~3位を決定します。

 

8、話の展開を促すため、その端緒を次のように設定します。尚、1題目は統一しま

 

す。

 

 1年生=家庭に於ける事物・事象、統一題=「妹がヤギを買いたいと言うのです」

 

 2年生=学校  同上、     統一題=「図書室の運営を生徒会に任されたの

 

で」

 

 3年生=全般  同上、     統一題=「自分が一日市長をやることになりま

 

した」

 

Ⅲ、生徒に気づかせたいポイント

 

1、「意」とは、自己成長欲と表裏一体のものであること。

 

2、「意」を保持した能動的な思考は、延々と発展し充実化するものであること。

 

3、  同上  、途中で止めた場合でも物足りなさが残るので意欲は保たれること

 

 

4、発意し思考を続ければ、気づき閃き思いつき(つまり、智恵)が頻繁になること

 

 

5、  同上  、必ずクリエイティブなものになること。

 

6、丁寧に行えば地力が備わり、それが根気の醸成へと発展すること。

 

7、根気が育てば、ガンバらなくとも勤しみたい気持ちが募るのでドンドン続くこと

 

 

関連記事

アーカイブ