円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

今回も、《頭の中のスケジュール帳》でしたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11/17FBアップ分

 

さー、日曜日ごとの『記憶力向上』講座です。

 

今回も、《頭の中のスケジュール帳》でしたね。

 

 “1年間の曜日の規則性”についてお伝えしましょう。

 

 今年の12月1日は日曜日だったので来年のそれは月曜日になることが決定されて

 

いますね、「一年は365日=52週+1日」なので各月それぞれの1日が一つずつ

 

ズレを生じるようになっているため、にです。

 

つまり、今年の1~12月までの1日の曜日を並べますと「火・金・金・月・水・土

 

・月・木・日・火・金・日」となっていたゆえ、来年は「水・土・土・火・木・日・

 

火・金・月・水・土・月」となるということですよ。

 

 これに、皆さんご存知の「西向く武士」を加えれば「頭の中のカレンダー」が容易

 

にできるということになりましょう。

 

 そしてまた、「4年に一度の閏年」をも考慮するなら、未来永劫に曜日が分かると

 

いうことになるのですよ。2,500年の5月であろうと、37,760年の9月だ

 

ろうと分かるということになるのですね、明確に。

 

ちなみに、2,000年が閏年でしたよ。従って、次の閏年は2,016年となりま

 

すね。

 

 さて、来月分が覚えられるようになったなら2ヶ月分、3ヶ月分と積み重ねていき

 

ましょうよ、人間は“慣れる”性質を保持しているのですからね、“慣れ、は成れ(

 

成長)に通じるもの”なのですものね。

 

 口幅ったいことを申しますが、人間というものは“どこまでも成長するのが常態”

 

なのだと、私は思っております。

 

 がんばらずに少しずつ、丁寧に。

 

 さて、この《頭の中のスケジュール帳》はまだ続きますよ。いずれついでに、《頭

 

の中のメモ帳、つまり頭帳》にも言及しますね。

 

関連記事

アーカイブ