円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

今回は、《忘れ物防止法》ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10/20FBアップ分

 

さー、日曜日ごとの『記憶力向上』講座です。

 

今回は、《忘れ物防止法》ですよ。
 
 「忘れ物」をする人というものは「アレを、コレを」と行き当たりばったりで思い

 

つき任せにするから抜けが生じるのですね。

 

 それならば、“前もって備忘録を作っておけばよい”ということになりましょう。

 

 先ずは、ちょっと近辺へ出かける場合としますね。携行したいのは、

 

1、サイフ 2、ハンカチ 3、帽子 4、時計 5、ティッシュ

 

6、携帯電話 7、化粧道具 8、傘 9、メガネ  といったところでしょう。

 

 これ等を次のような文章にしてしまえば幾度か唱えるだけで覚えられます。

 

 《 サイ、ハン、ボウシ、ト、テイ、ケイ、シヨウ、カ、ネ 》

 

 * シヨウ=化粧、ネ=メガネ

 

 次に、遠出や出張の場合とします。

 

10、書類 11、ハンコ 12、パソコン 13、ペン 14、手帳

 

15、名刺 16、カメラ 17、水 18、髭剃り 19、その他

 

 《 ショ、ハン、コン、ペ、デ、ナ、カ、ミ、ヒ、ダ 》

 

 * デ=手帳、ダ=その他(祝儀袋など)

 

 以上です。

 

 これにて、「忘れ物常習者」のレッテルを剥がせしょう。一般向けに作ってありま

 

すので、その時々の自分に合わせて取捨選択すればよいですね。

 

 子供たちによくみられる通学時の忘れ癖も、これに準じて曜日ごとの“まじない言

 

葉”を作ってやれば、その時点から「忘れん坊」でなくなります。

 

関連記事

アーカイブ