円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『「痴呆・認知症」への考察・その16』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『「痴呆・認知症」への考察・その16』

 

 今日の一日にやるべきことも、朝の時点で確認をしておきましょう。

 

 例の「はかる」をドンドン行うのです。「はかる」は能動性の能力を養成し発揮する

 

手だてとして格好な指針でありますからね、使うのです、用いるのです、利用するので

 

すよ、使わない手はありませんのです。勿体ないのですからね。

 

 さて、ここで肝心なことをおさらいしておきたいものです。

 

 皆さん、覚えておられましょうか。

 

 かつて、私は「記憶=気を置く」とご説明いたしましたね。

 

 ということは、日がな一日「気を置き続ける」なら、即ち頭脳の活性化を促進するこ

 

とに他なりませんでしょう。しかも、我が身の側から主体的に仕掛けていくのですから

 

ね、それこそ能動性の極みと言っても差し支えないのではないでしょうか。

 

 それも、”毎日の始終”を対象にするのですからね。特別な事柄にではなく、日常茶飯

 

な事々に対してですからね。

 

 そうなってみれば、「呆け」の魔物さんは逃げ出します、必ず。

 

関連記事

アーカイブ