円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『「記憶の真髄」への考察・その51』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『「記憶の真髄」への考察・その51』

 

 ならば、ですね。

 

 それならば、『寺田寅彦さん』か『ニュートンさん』との“同行二人”だったなら、

 

どうでしょうか。

 

 はたまた、『ハイネさん』や『宮沢賢治さん』とだったならどうなりましょう。

 

 そうだ、画家の目も持ってみたいですね。『東山魁夷さん』にご一緒していただくの

 

も一興ですね。

 

 とすると、植物たちへの思いをも是非、加味したいので『牧野富太郎さん』にもご同

 

行いただきたいものです。

 

 ならば、です。いっそのこと“同行多数人”としてしまいましょうよ、これ等の皆さ

 

ん全員に連れ添っていただくのですよ。

 

 これは楽しいですね、賑やかです。
 
 いえいえ、賑やかになるどころの話では収まりません絶対に。

 

 こうなってしまえば、もう世の中のあらゆる事柄が興味の対象となってまいりますか

 

ら、それにつられて、頭は働く、心が動く。心神、活きれば記憶を刻む。

 

 これにて、記憶の真髄が極まりかけてまいりましょう。

 

関連記事

アーカイブ