円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『心の体操;深・香・悠、その1』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『心の体操;深・香・悠』

 

 さて皆さん、唐突ですが心の分野でも体操があるはずですね。

 

 心の中での運動やジョギング、散歩という表現があっても楽しいのではないかと思

 

うのですが如何なものでしょう。

 

心が弾んでスキップするのもよし、寂び侘びに触れながら逍遥するのも、これまた体

 

操です。

 

 時には誰かとテニスをするのも良いですね。大勢の人とサッカーをやるのも良いか

 

もしれません。それは一対一での討論や、何人も参加する議論に入ってみるというこ

 

とですね。ボールのやり取りはその一回ごとに工夫が必要になりますから、そんな状

 

況も心の健康増進になるはずです。もっとも私の場合は一人で行う運動に限定されま

 

すが。

 

 そんなような一日一日を送っていれば、きっと健やかなままで生涯を終えられるの

 

ではないでしょうか。

 

 ちなみにカタカナで「サビ、ワビ」と表記するよりも漢字での「寂び、侘び」の方

 

が私には風情が感じられるので、これにて既にして“心の散歩”に成りましょう。

 

*〔ちなみに、「一般的には侘び、寂びという順にするのに、原口は逆にしている」

 

と皆さんが思われましたでしょうね。その場合は、つまり「頭の体操」ということに

 

なりましょう。「そうか、世間的な言い習わしに囚われる必要はないんだ」と軽いな

 

がらも刺激になったのですからね。利き手で行ってばかりのところを反対側の手で実

 

施してみると良く記憶するのと同じ理屈です〕*

 

 また、散歩を「逍遥」と読み替えるのも同じ意味からのことなのですが、どうでし

 

ょうか。何となく仄かに漂い香る情趣が伴われてくるようには思われませんでしょう

 

か。

 

 この「香り」なるもの、私たちの日々の生活に沿ってくれると、きっと嬉しいだろ

 

うと思うのです。

 

 そうしてまた、人類の悠久な歴史にあって一瞬の間だけ参加しているこの私たち一

 

個人ではあっても確かな人生の深みを求めて生きていく喜びもあるのだろうと思って

 

もいるのです。

 

 つまり、そんなような毎日を過ごせるようになったなら、きっと健やかな心身を保

 

ちながら今際の時を迎えられるのではないかと考えています。

 

関連記事

アーカイブ