円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『「記憶の真髄」への考察・その24』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『「記憶の真髄」への考察・その24』

 

 いえ、いえ、いいえ、皆さんね。

 

 “辞書の完読”したのだと、気取っていますが本とはね、そんな凄さはないのです

 

、立派なことは何もない。

 

 完全、見事なものでなく、「あー」から「んー」まで順繰りに、目通ししたという

 

だけで、興味の起きないところはね、スルーも結構したのです。よって従い、正しく

 

は“辞書、類聚(るいじゅ)の通し読み”風な表現、妥当です。

 

 ですが、そんなに徒然(つれづれ)な、読み方したのに皆さんさー、これが侮れま

 

せん、です。

 

 あっちこっちで「アー、そうか」、「オッ、成るほどよ為るほどね」、「えーエ、

 

そんなら今までに、思い違いをしてたのか」といった具合にね、「気付き」の連続と

 

もなれば、これほど興味の尽きぬもの、読み物、他にはないものと、思ったことも分

 

かりましょう。

 

 つまりです、意欲を以って接すると、物々事々その全て、彼等が自ら深み見せ、高

 

さ広がり可能性、進んで開示に来るのです。

 

 これ、真理。絶対真理に違いなし。

 

関連記事

アーカイブ