円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『「ど忘れ」防止の小作戦・その1』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『「ど忘れ」防止の小作戦・その1』

 

 「何かを思い立ったので身を起こしたのだが歩いていく間に忘れてしまったよ」と

 

いうようなことはよくあるものですね。そんな思わず苦笑してしまうようなことなん

 

ぞ中高年者にとっては日常茶飯な事柄と言い切っても言い過ぎではないでしょう。

 

 原因は明白ですね。加齢に伴って情感がドンドンと薄くなっていくからです。

 

 それならばです、その情感の代替となる「趣」を盛り込めば済むことなのですね、

 

自ら「興趣」を作り出していけば記憶するはずだろう、として考案したのが次の方法

 

なのでした。

 

 「拍手」をするのですよ。

 

 立ち上がる前に一度ポンと手を打ってみるだけで、ほぼ忘れなくなります。効果は

 

絶大ですよ。こんな単純なことなのに、ですね。

 

 我が身に「情趣」が生じるからですね。それが記憶細胞に刺激を与えてくれるので

 

す。

 

 でもですよ、これでもダメな場合があったとしたなら次なる手も勿論ありますから

 

ご安心ください。それを次回のお楽しみといたしましょう。

 

関連記事

アーカイブ